Golden Route Strategy

オセロと通販

「発展的開放度理論」って御存知ですか?
とまあ、ぜんぜん関係ない話から始めちゃいますけど。

因みに友人10人に聞いたら誰も知りませんでしたw
実はこれ、オセロの定石なんです。

なんのこっちゃって感じですよねww
でも、実はココ、重要です。

皆さん、通販で勝ちたいと思っていらっしゃいます。
ただ、最初にお話しておきたいのは、
ネットショップや通販に限らず、必勝法なんて世の中に存在しないということです。

しかし、成功する確率を高めることはできます。

どうするか?

それは、「ヌケモレを極限までなくす」のです。
勝つために必ず押さえるポイントを、必死に押さえまくるんです。

いいですか?
指標を制す者だけが、通販で勝ち残る権利を与えられるんです。

通販の仕組みを理解し、おさえるべきポイントを知り、
自社の状態を知り、強者のノウハウを吸収する。
そうすることで初めて、勝負の土俵に上がれるのです。
信じられないくらいダイナミックな売上UPを享受するチャンスを手に入れられるのです。

私は、よい商品を持っているのに、伸び悩んでいる会社をたくさん見てきました。

たった2ヵ月。
その全てのネットショップや通販メーカーが成長するまでに、
たった2ヵ月しか、かかりませんでした。

それはなぜか?
「おさえるべきポイントを全部おさえられている通販会社なんて皆無だから」
です。

発展的開放度理論をみんなが知らないようにね。
なんで僕がそれを体得できたか?

えっと…。
僕は極度の負けず嫌いなんでです。
オセロなんて3年に1回くらいしかやらないんですけど、
基本、負けません。

まして、ベネッセや大手化粧品通販会社で、
20年近く現場で勝つために戦ってきたんですよ!?

毎日、毎日。
負けたくない!負けたくないって思いながら。
だから結構、自信あるんですよw

ま、勿論、精神論だけではありません。
例えば棋士が最も成長するのは、棋譜の量だと言われています。

わたしは今までに、500社以上のコンサルティングをしてきました。
お預かりし、責任を負って達成してきた予算は、新規・既存含めると
合計5,000億円を超えています。

そこでわたしたちが考え出した答えは、至極シンプルかつ当然のことです。
1:臨床例を増やしていく
2:統計から共通法則を見つける
3:指標化し、改善していく
それを繰り返してきた起業からの7年間。

そして、そんなわたしたちにしか開発できなかったであろう、
「EC・通販企業健康診断システム ECドクター」を、昨年カットオーバーしたのです。

わたしたちは、世の中のダイレクトマーケティング企業を強くしていきます。
世界をダイレクトマーケティングだらけにしていきます。
これからも、ご期待くださいね。

we promise your success.

お問い合わせはこちら

関連記事

PREV
NEXT

田村雅樹
Masaki Tamura

ダイレクトマーケティングゼロ代表取締役社長。
1972年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、「株式会社ベネッセコーポレーション」、大手化粧品会社を経て、2009年に通販専門のコンサルティング会社「ダイレクトマーケティングゼロ」を設立。
通販化粧品・健康食品企業を中心に計500社以上の顧問・コンサルティングを行う。「AMIDAS」や「通販7指標必勝方程式」などの独自理論を打ち立て、クライアントの売上を20倍上げた実績をもつ。
「DMA国際エコー賞」「ケープルズ賞」をはじめ「全日本DM大賞」などダイレクトマーケティングに関する賞を国内外で通算37冠受賞。
著書に『ゼロからはじめる通販アカデミー』(ダイヤモンド社)がある。講演・寄稿等多数。

メルマガ登録フォーム

最新記事