Golden Route Strategy

9月19日。

こんばんは!!

今日はボクにとって、大切な日、娘の陽花の15歳の誕生日なのに加え、
珍しくコンサルティングの定例会もないので、心を穏やかにして、自社の「今」を振り返りたいと思います。

以前このブログでチラッと書きましたが、
DM0は2017年度のテーマを「教育」においています。

BKM11と題し、社内向けにはじまったEC/通販に関する学校も気付けば10回を超えました。
若手10名以上が、ほぼ毎週、日曜の9時から3時間、集中講義を一生懸命受けています。
その甲斐もあって、ボトムアップの意見が多く出るようになりました。
給与も前年比で200万円以上UPする人間も出てきました!

一方で、DM0が今年「やらない」と決めたコトがあります。
それは、「シェアの拡大」、「利益の追求」です。
冗談抜きに、「2017年度は利益を出さないコトを目標にしよう」としています(笑)
今まで、ボクは怖くてできませんでしたが、信頼できる仲間達がいるから踏み切れたんだと思います。

メッセージの分かりやすさというのはホントに大切だなっと思います。
みながスキルアップというゴールに向かって、日々着実に邁進しているのが伝わります。

若手の成長と同時に、今日この頃つくづく感じるのは、
会社を作っているのは、「空気」だなということ。
実はDM0では昨年度から、採用方針をスキル採用からウィル採用に変えました。
「世界をダイレクトマーケティングだらけにする」という意志を大事にする
ビジョン経営に切り替えたというわけです。

娘が6歳の時に起業してから9年。
これまでも、優秀なメンバーが歴史を形づくってきてくれましたが、
それ故に個々の力に頼ってきたというのが本音です。

もちろん、DM0は、自他共に認める「プロフェッショナル集団」ですし、
月4時間のコンサルティングで200万円+成果報酬をいただいてますから、
ひとり一人がプロであり、結果に責任を持てる集団でなければならないのは当然です。

でも、せっかくプロなんだから、

「結果に責任を持てる集団を自分達で創れる集団」

になりたいなと思います。

それを実現するために、どうしても必要だったもの、
それこそが「空気」なんだと思います。

去年から今年にかけて新たにジョインしたメンバーの中には、
経験の浅い人間も少なくありません。
しかし、彼らが圧倒的に「持っているもの」、それが、
ビジョンに対する共感と、努力を厭わない姿勢なんです。

努力を厭わなければ、実際、ボクらの仕事って
ものすごいダイレクトにクライアントの業績に跳ね返ってくるし、
変なしがらみもないから、楽しいですし、めっちゃ遣り甲斐があることなんですよね。

彼らの活躍に刺激されるようにして、会社の空気が変わっていくのを感じています。
空気に関して、よく、ボクは「メジャーを取る」という表現を使います。
会社の中で空気を変えるためには、過半数を取ればいいんじゃないかな?と思ってます。
もちろん、まだはじまったばかりですから、油断せず、
どんどん加速させていこうと思います。

ボクらは売り物を持っていません。
つまり、自分達そのものが売り物であります。

もう少し噛み砕くと、
自分達がクライアントとともに行っている、
圧倒的な試行数と、それによって得られた結果や原因の分析をもとに、
新たな法則や鉄則を創り出し、再現性を高めていくこと。
が売り物であり、そこに対する領域の広さ、
そして、脈々と受け継がれるクライアント1st、コンシューマー1stのマインドが
その特異性を支えているんだと思います。
ですから、仲間が多いに越したことはありません。

DM0が進化しいていくために必要なコト。
なんとなく答えが見えてきた9月19日。
自由になれた気がした、陽花15の夜です。

Happy Birthday HARUKA!

お問い合わせはこちら

関連記事

PREV
NEXT

田村雅樹
Masaki Tamura

ダイレクトマーケティングゼロ代表取締役社長。
1972年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、「株式会社ベネッセコーポレーション」、大手化粧品会社を経て、2009年に通販専門のコンサルティング会社「ダイレクトマーケティングゼロ」を設立。
通販化粧品・健康食品企業を中心に計500社以上の顧問・コンサルティングを行う。「AMIDAS」や「通販7指標必勝方程式」などの独自理論を打ち立て、クライアントの売上を20倍上げた実績をもつ。
「DMA国際エコー賞」「ケープルズ賞」をはじめ「全日本DM大賞」などダイレクトマーケティングに関する賞を国内外で通算37冠受賞。
著書に『ゼロからはじめる通販アカデミー』(ダイヤモンド社)がある。講演・寄稿等多数。

メルマガ登録フォーム

最新記事