─あなたの仕事を教えてください。
何もないところから販促施策を作り上げる仕事
通販メーカー様の販促支援として、クリエイティブを主に担当しています。
クライアント様の理解、商品の理解、その魅力の深堀り、お客様に喜んでもらえるようにすることが一番得意な仕事です。
もともと何もなかった販促施策を形にしていく、ゼロベースからすべて作っていくところが面白いです。
─DM0に入社したきっかけは?
前職では作れなかった、クライアント様との深い絆に魅力を感じて
前職は自社で販売もしていましたが、基本は広告代理店でした。
自社でフリーペーパーを発行していて、参画していただいたクライアント広告の反響を出してなんぼの世界で、成果が数字で分かる、反応が分かるのがとても好きな職場でした。
でも、残念なことに自社メディアが休刊になってしまい、それで転職活動をはじめました。
最初の頃は前職と同じような環境で働きたいなと思って編集プロダクションや版元などを含めて受けていました。ありがたいことにそれぞれからオファーはいただいたのですが、最終的に決めたのはDM0でした。

クライアント様と直接取引だったところや、結果数字を見て成果がわかるところなども前職と似ていたのですが、違っていたのは、クライアント様との“絆の深さ”です。
通販メーカー様の成果を出すためにはいろんな手段を検討するべきなのですが、前職だとフリペに限られていました。それがDM0は自由にできます。だから、クライアント様と信頼関係が深まるんだと思います。
これは、DM0が通販専門のコンサルティングをしているからこそですね。
社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 床井奈美 写真
─DM0の強みとは?
担当者の悩みに“正解”を教えられること
やっぱり実績がたくさんあることですね。
さまざまな通販メーカー様の成功した事例はもちろん、失敗してしまった施策についてのデータもあるので、こういうケースだったら、反応率はこのぐらいは出るはずだな、とか、通販メーカー様の販促施策の良しあしを判断することができます。

あと、私も一時期、EC事業担当者として仕事をしていた経験からすると、やるべきことはわかるし、やることもできる、だけどどうやれば売れるのか、何が正解なのかがわかりませんでした。
相談しようとしても、それぞれの業者さんは自社の商品やサービスの範囲についてしか答えてくれませんでしたし、また前職でフリーペーパーの広告担当をしていたときは、広告主様のお店に集客はできてもその先のゴールまで見据えた広告についてはご担当者様に教えられませんでした。

こんな状況下で、売上利益の観点から、事業課題を洗い出し分析し制作し、世に出し、結果を振り返ってさらに改善することをすべて提供できる点が、DM0の強みだと思います。
─DM0の素敵なところって?
本当にスキルアップの環境が充実!
私の場合、通販コンサルティングについては入社してから勉強しています。
基本的に通販メーカー出身の方が中心なのですが、そういう人でもそれぞれ得意分野が異なっていたりします。そこで、自分が望むスキルを強化できるように、通販ノウハウに関するオリジナル講義動画や本、冊子などの学習教材が社内に揃っているんです。
それを見てテストを受けたりして着実にスキルアップできるので、すごく助かっています。
─DM0の仕事の特徴はなんですか?
仕事は一から作るもの。ルーティーンはNG
ルーティーンなものがないところ。具体的な販促施策は、すべて一からのスタートです。
課題分析と提案をした後、企画の決定を通販メーカーの担当者様と行い実施期限を立てた後は、クリエイティブの方向性、実現のスケジュール、外部パートナーの方たちとの打ち合わせ内容、制作物のチェックのタイミングなどすべて一から組み立ていきます。
たくさんの方の先頭に立って、施策をリードしていくことが大切です。
社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 床井奈美 写真
─仕事の中で心がけている点は?
言い出したら実行するまで責任を持つ
一言でいうと、約束を守ることです。
「こうしたほうがいい、ああしたほうがいい」と打合せではいろいろなアイデアが出ていたりしてもなかなか実現しないことってあると思います。
もちろん、アイデアの中には本当できないものもありますが、言い出したことはなるべく実現できる方法を考え、本当にそれを実施することを心がけてます。
─DM0の社内の雰囲気はどうですか?
みんな優しくてアットホーム
みんななにがしかのプロフェッショナルの方が多くて、私から見ると、基本的には自立した人が多い気がします。
でも、決してクールな関係性ではなくて、いろんな話題で盛り上がったり、いっしょにコンビニ買い出しにいったりして和気あいあいとしてます。
仕事の上では、困っている人がいたら、仕事を分担したりその人の得意分野で助けてくれたりします。とってもアットホームです。
─最後に一言!
プロである自覚を持ち、仕事に取り組めて、常に勉強して自己成長できる。
そんな方とご一緒できればうれしいです。
社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 床井奈美 写真