─あなたの仕事を教えてください。
クライアント様を間違いのないように導く“司令塔”のような存在
クライアント様の事業に関するデータを細かく見て、ご担当の方と一緒になってクライアント様の事業を運営していくのが私の仕事です。
弊社は自社サービスや商品を持っていないので、クライアント様が抱える課題をすべてサポートできます。
だから、イメージとしては、DM0のコンサルタントは、クライアント様の会社の一員となって、そのチームの中で、戦略の道筋を立てて勝利へ導く“司令塔”という役目だと思っています。
─DM0に入社したきっかけは?
前職で感じたジレンマ。DM0なら解決できる!
新卒就活のときに探していた会社は、「いろんな会社の事業を支援することで日本企業を元気できる会社」でした。
結果、新卒で就いたのは、SIソリューションベンダーの営業職。
営業という仕事は好きで、クライアント様を訪問して商品を買っていただくのはとても楽しくて自分に合っていると思っていました。
ただ、やっていくうち「お客様の課題を解決しきれない自社製品を、営業としては買っていただかないといけない」というジレンマに悩むようになりました。
これを解消したいと考えたら、そもそも「自社商品が支援できる範囲に制限がある」ことが自分にとっての問題と気が付いたんです。
商品・売り物がある会社ではこれを解決するのは難しいのかなと思ったのがきっかけで転職活動をはじめました。

その中で出会ったのが“DM0”。
クライアント様の内部に入り込み、事業課題を一緒に解決することでその対価をいただくというサービスを知ったときは、これだ!と思ってすぐにエントリーしました。

社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 廣田耕望 写真
─DM0で学べることは?
先生という立場の責任感
DM0のコンサルタントは、勝利を目指し現場に入ってチームを動かしていく“司令塔”という立場ではありますが、コンサルティングは勝利だけがゴールではありません。
クライアント様の事業がうまく回り続けるようにチームメンバーを育てていく必要もあります。そういう意味では、“先生”みたいな側面もありますね。
それまでやってきた法人営業のスタイルは、どちらかというとクライアントに商品を買っていただくように“お願い”することが多かった気がしています。
お願いするだけなら相手の方からOKがもらえれば終了ですが、“先生”なので、話し方や取り組む姿勢の真剣さが変わりました。
─DM0の仕事の特徴はなんですか?
自分で判断した結果を、自分でさらに超えていく仕事
さっき申し上げたように、自社商品を売っている会社は、その商品を買ってもらうことがゴールになりがちだと思います。
でも、本当は、その商品を買ってもらった企業が、当初解決したかった問題を解決できたかどうかが、重要なゴールのはず。
DM0のコンサルティングは基本年間契約です。
だから、ある施策を実行した後も、クライアント様と一緒に結果についてレビューが行えます。さらに次は、その結果をどうやって改善して超えていくかが求められます。
─仕事の中で心がけている点は?
するべきことから逆算して考えること
たとえば、新規顧客獲得施策ならば、他社の実績やロジックを元に施策を組み立てていきますが、その時に、セオリーやできることからだけで考えるのではなく、“するべきこと”から逆算して考えるようにしています。
成果を一番大きくすることが目的ですから。

社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 廣田耕望 写真
─DM0の社内の雰囲気は?
人種が多いwww
前職のときは、営業だったので、周りはハンターみたいな、性格的には狩猟民族系ばかりでした。
DM0は、そういう人だけでなく職人的な気質の人がいたり、人を巻き込むのがうまい人がいたりとバラエティに富んでますね。
すべての人がクライアント様の成果を出すことを目指しているので、営業や販売だけとかサポートだけとか職務で分かれていないのが理由かもしれません。
─最後に一言・応募を考えている方に一言!
自分なりにできることを考えてやれる人が向いていると思います。
コンサルタントとして全部の領域で活躍できないとしても、その人が今持っているスキルで貢献できることは必ずあります。そこからどんどんできる領域を広げていけばいいと思います。
いろんなことにチャレンジしたい人、一緒に働きましょう!

社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 廣田耕望 写真