─あなたの仕事について教えてください。
悪いところをすべて治す、総合病院的な仕事。
ダイレクトマーケティングゼロのコンサルティングは、通販メーカー様の事業課題に対しフラットな目線から良し悪しのアドバイスをし、メーカー様の利益をあげていくのが仕事です。
DM0のコンサルティングという立場はいわゆる「売り物」を持っていないので、何も気にせずに本質的な課題に切り込んでいくことができますね。
いうなれば、総合病院のような感じかな。悪いところをすべて治してしまう仕事です。
─DM0に入社したきっかけは?
あらゆる事業規模の課題解決に携われるから
ある広告代理店で通販メーカー様の新規獲得支援をしていたんですが、当然それだけでは通販メーカー様が直面している事業課題の一部しか解決することはできませんよね。
そんな中で、自分は新規獲得後までの責任を取れる仕事がしたいなと思ったのがきっかけです。
いまどき、次のキャリアを考えるとき、独立するっていう選択肢がある人も多いと思いますが、自分ももしかしたら将来独立するかもしれないと考えました。

自分の仕事に責任と裁量権が持て、挑める場数があり、あらゆる事業規模、あらゆる予算規模の事業課題解決の実践経験を鍛えられるDM0のコンサルティングは、唯一無二の仕事でした。
社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 樋口慎司 写真
─DM0の魅力とは?
人・データ・スピード・∞
まず、会社については、DM0の社員はみんな通販という共通軸はありつつも、それぞれの「人」がまったく異なる強みを持っています。
だから、人のバラエティがとっても豊かですね。仕事の合間のちょっとした会話のレベルが高い。

そして、サービスについての魅力は、三つあります。

一つ目は、膨大な「データ」が裏にあること。
顧客のLTVが低いという課題があったとき、手を付けるべきは、クロスセル率か、継続率か。
数字だけだとどこのKPIを上げてももちろんLTVは改善するわけですが、その施策で改善できる“幅”と“利益インパクト”が重要です。この“幅”や“利益インパクト”を膨大なデータから見立てることができます。

二つ目は、難易度が低くて利益レバレッジの効くポイントを「すぐ見つけて解決できる」こと。
膨大なデータと実際にKPIを改善した経験があるから、それぞれの通販メーカー様に合わせた最短ルートで成果を最大化する施策を実施することができますね。

三つ目は、「提供できるサービスに制限がない」こと。
言ってしまえば、DM0なら、どんな課題も解決できます。
ダイレクトメールを制作することもできますし、コールセンターの応対スキルの平準化にも取り組める。LPを改善したり、配送料を下げたり、システムをリプレイスしたりと、あらゆる解決策を提案します。
また、いわゆる世の「コンサルタント」という仕事には、およその仕事の範囲ってあると思うのですが、DM0はそこが無い。私も、販促チラシのラフも書いたりします。
全員がマルチなプレイヤーを目指しています。
社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 樋口慎司 写真
─DM0で活躍する人とは?
熱さとロジカルさと柔軟性のある人
いま通販に関する知識がたくさんあるなら、それはすごく活かせます。
ただ、知識が少なくても、情熱を持って学べればいい。ロジカルシンキングができて、物事の優先順位を立てて、人を動かせる人は向いています。
CRMに関する知識は必要ですが、通販事業は何でも測ることができるので、数字に振り回されがちです。その中で見るべきKPIを学ぶことが大切です。

あとは、クライアントに積極的に巻き込まれる力(笑)。
仕事の線引きする人っていると思いますが、それだとDM0は楽しくないんじゃないかな。
クライアントのご担当者様が、「DM0さんに関係ないかもしれないけどねぇ、ここさあ実は困ってるんだよね…」って漏らしたときに、「なんですかそれ、教えてくださいよ。僕、実はそこ興味あるんですよ」って言える人が向いていると思います。
─仕事の中で心がけていることは?
マイルールは同じ仕事を繰り返さないこと
仕事の中で心がけているのは、同じ仕事をしないことです。
前回やっていないことを必ずプラスアルファで盛り込みやっていくように心がけています。
─最後に一言!
会社を踏み台にしてやろうと思えるぐらいのガッツさと、クレバーさを持ってる人カモン!(笑)。
一緒に通販業界を盛り上げていきましょう!!
社員インタビュー ダイレクトマーケティングゼロ 樋口慎司 写真